育毛剤の種類

育毛剤の種類は、大きく3つに分けられます。頭皮に直接塗布して使用する外用薬タイプ・決められた量を服用していく内服薬タイプ・頭皮や毛髪を洗浄したりすることによって、発毛環境を整えてくヘアケア用品タイプです。

育毛剤の種類は、大きく3つに分けられます。頭皮に直接塗布して使用する外用薬タイプ・決められた量を服用していく内服薬タイプ・頭皮や毛髪を洗浄したりすることによって、発毛環境を整えてくヘアケア用品タイプです。



まず外用薬タイプは、薄毛などが気になる部分に塗布することによって直接毛根に働きかけてくれるものです。頭皮の血行促進・頭皮の状態改善などを目的としています。その効果は配合されている成分によって異なりますが、一番手にとりやすい育毛剤なのではないでしょうか。



次に内服薬タイプは、錠剤やドリンクなどで売られています。内側から頭皮に働きかけるものなので、外用薬を使用して効果を実感することが出来なかった方が錠剤などを飲むだけという手軽さから使用する場合が多いようです。内服薬タイプの育毛剤は、なかなか市販などでは販売されていないので専門の医師に処方をしてもらうことをおすすめします。



最後はヘアケア用品タイプです。毎日のシャンプーをすることによって育毛効果があるとされる育毛シャンプーや、育毛トリートメントなどが挙げられます。外用薬や内服薬ほど即効性というものはありませんが、毎日するシャンプーをこれに置き換えるだけなので、外用薬・内服薬と一緒に使用している方も多いようです。その効果は主に毛穴の詰まりを取り除いたり、毛根の血行を良くして活性化させてくれます。自分が毎日続けられそう・何が一番気になっているのかなど、自分にぴったりの育毛剤を選ぶことがとても大切です。

前の記事